導入事例 監視カメラ
万全なはずの情報漏えい対策に
”落とし穴”?

事件・事故を未然に防ぐための”抑止力”がほしい―。

業種・情報通信業 部門・管理/総務

課題

万全なはずの情報漏えい対策に、想定外の“落とし穴”が・・・?

連日のように、企業の「情報漏えい」に関する事故や不祥事が取り沙汰され、多額の賠償請求や企業イメージの失墜に発展している昨今。
契約顧客の個人情報はもちろん、法人・個人の顧客から預かっているデータや自社アプリケーションの設計・開発データなど、業務上、守秘すべき多くの重要機密データを扱っている通信事業者A社でも、“事故”か“故意”かに関わらず、情報漏えいの防止は至上命題となっていました。

そこでA社では、システム上においては強固なセキュリティ対策やPC・印刷ログ監視、検疫などを施し、さらに運用面でも厳しいポリシーを設けるなど、外部攻撃はもちろん、悪意ある内部犯行や予期せぬ事故への対抗措置を講じていました。
また物理面でも、不審者への防犯目的や取引先・顧客の監査基準を満たすコンプライアンス目的として、入退室管理も万全でした。

しかし、ある日恐れていた個人情報の漏えいが発覚します。残業中の社員が、持ち込み禁止のはずの個人のスマートフォンでPC画面を撮影していたのです。管理部長のB氏は当時をこう振り返ります。

「PC画面をカメラで撮影するとは“盲点”でした。確かに、どんなにシステム上や運用上の対策を強化しても、これだけは防ぐことができません。今回は幸いにも事前に発覚したことで未遂で済みましたが、情報漏えいリスクを払拭するには、より強い“抑止力”が必要だと感じました」

課題のポイント

“事故”か“故意”かに関わらず、情報漏えいの防止が至上命題

システム面や運用ポリシー面の対策以外に、より強い“抑止力”が必要
お問い合わせ・資料請求はこちら

ページの先頭へ戻る