受付完全自動化!
セキュリティと利便性の強化をまとめて実現します

三菱電機&三菱電機エンジニアリング

オフィスセキュリティと受付自動化

オフィスや施設の受付でご案内係ではなく自動受付端末を利用するシーンも珍しくなくなりました。
けれども、あらかじめセキュリティゲートが設置された新築ビルとは違い、まだまだ来客の利便性や利用上のセキュリティに不満や不安があるユーザーも多いのではないでしょうか?
またこれから導入しようと考えている企業様、団体様では、ニーズに合ったシステムの構築をどうやって検討したらいいかというお悩みをお持ちの方も多いかと思います。

ケース1

来訪者は自動受付端末で訪問先に連絡するシステム。
タッチパネルで訪問先担当者を探して、名前のボタンを押せば電話をかけてくれるので、シンプルで誰にでもわかりやすい使い勝手。
ユーザーにとっても端末単体を簡単に導入できるのが魅力。

来訪者のお客様のもやもや
 「部門名、名前を覚えておかないと、連絡が取れない」
 「結局携帯電話で連絡したほうが早いかも」

ユーザーのもやもや
 「受付は無人なので、部門や社員名情報を自由に見れる。このままにしておいて大丈夫?」

ケース2

オフィスでICカードを使った入退室管理システムを利用。
来訪者が長時間滞在の場合、来訪者用のICカードを用意し、マニュアルで貸出対応している。

来訪者のお客様のもやもや
 「それほど長時間の滞在でなくても、緊急の電話やトイレなどで中座するのに、訪問先の方のエスコートが
  必要なので不便」
 「ICカードを貸してもらったり、返却するのが面倒。退出時に間違って持って帰ってきてしまうことも…」

ユーザーのもやもや
 「来訪者用ICカードは、一括管理なので利用のたびに借りに行く必要がある」
 「お客様がうっかり返却を忘れて持ち出してしまった場合、セキュリティ上のリスクになる」

これでもやもやを解決!

菱洋エレクトロの提案する入退室管理システムと受付案内システム『コンコンコール』&『来訪予約・履歴管理システム』オプションを組み合わせれば、来訪者とユーザー双方のもやもやを解決できます。

‐来訪者の利用方法
 事前にメールで送信された入館案内についている2次元バーコードをスキャナで読み込むだけで、訪問者に連絡。
 会議室がセキュリティエリアの場合、ICカードの代わりになるQRコード付きの入場パスを利用して、
 指定の会議室に入室できます。※入退連携での特殊なカスタマイズが必要となります。

‐ユーザーの利用方法
 お客様の来訪が決まったら、来訪予約・履歴管理システムに登録。発行されたQRコードをお客様にメール送信。
 来訪時はPCや電話で自動通知。会議開始時間に会議室で来訪者をお待ちすることも可能。
 登録された内容は自動的に記録されるので、別途社内報告の必要なし。

システム構成

お問い合わせ・資料請求はこちら

ページの先頭へ戻る